家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

今日はとても良い 1 日でした

その1
午前は 2 件、仕事のことで話をまとめてきました。
その2
午後は 10 年前防衛医大に入院していたときに同じ病室にいた方と久しぶりの再会をしました。
まずはその1。
お仕事の 1 件目はメールでのやり取りでしたが、がん治療前からパソコン講師として基本お世話になっていた某 IT 企業に復帰したいと連絡。
ここでの講師業は廃業ですが、他にもアウトソーシングでの作業があるのです。
時々は都内に出て刺激を受けたいですからね。
仕事帰りに神宮球場で夕暮れを見ながらのナイター観戦(^.^)。
野球観戦が普通にできるようになればうれしいものです(^o^)。
そんなの普通のことかもしれませんが、がん患者 (副作用でさまざま体に残ってしまったもの) にとってはとてもありがたく、幸せなことです。
薬漬けも含めて アハハ(~o~;)。
お仕事 2 件目は地元でパソコン講師のキャリアを生かした仕事。
以前から話はきていたのですが、私の体調が十分でないこともありずっと保留になっていました。
今日先方に出向きある程度話を聞いてきました。
それなりの地位にいる古い友人なので、上層部と話をまとめてお返事をくれるとのこと。
帰りはそこから 2 駅分歩いて帰宅しました。あぁ〜心地よい疲れ。
そしてその2
午前中の用事を済ませ昼食後にリビングで体操をしていたら電話。
「近所まで来ているの!!」
10 年ぶりです。
当時私は良性の腫瘍で入院。彼女 ( T さん) は子宮(体)がんで2カ月以上入院していました。
退院後 1 度だけランチをしましたが、共に仕事に復帰し年賀状程度の付き合いになっていました。
それが突然 「近所まで来ているの」 まぁびっくり(・o・)。
「なんのこっちゃ」 と思ったら、本当に近所の知人宅を訪問していたらしく 「いなきゃ、いないでいいやー」 みたいな気持ちで電話をしてきたとのこと。
もう大盛り上がりです。一緒にいたお友達も初対面とは思えないぐらいの盛り上がり。
そんな T さんは昨年食道がんが見つかりました。ちょうど 1 年前です。
食道がんの治療を終え自宅静養、私もがんの治療をし終え連絡を取り合っていました。
「真のがん友」 になり今後はますます交流をしていきましょうと盛り上がって別れました。
そして一緒にいたお友達のご主人もがん患者。なんとまぁ。。。
とにかく言えることはみんな元気に笑って生きて行こうね