家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

神経内科受診

2012/11/29はじめての精神腫瘍科受診
乳腺腫瘍科→精神腫瘍科→神経内科と進み、今日某医大へ。十数年ぶりの受診です。
診察券を初診受付で出したら 「これはもう使えません」 と言われました。
あっ、そっすかぁ。。。そうだよね。
受診申込書を書いて診察券を再発行してもらい、外来受付センターで問診票を書き神経内科に到着。
受付からここまでの流れ(仕組み)が変わっていたため、窓口の方の 1 回の説明では理解できず私の行くとこ何処でしょう???
で、行ったり来たりのオロオロ状態。
そして到着した待合室が狭っ (・o・)。
それからは初診だし予約の方もいらっしゃるので、お茶と飴、本は持参して行きましたが、順番がきたときには待合室に私以外誰もいませんでした。
あれっ、そんなギリギリに受付してたんだ。ハハハ(^O^;)。
電光掲示板にはまだ患者さんがいたようなんですがねぇ。みんな何処に行っちゃったんでしょうか。
医療センターの患者データと連携しているので、過去の経緯は細かく説明しなくてもいいのですが、肝心の手足の力が入らない原因を調べていただき結果、来週四肢の MRI を撮ることになりました。
がん治療の副作用(化学療法・放射線療法)はあらゆるところにあらゆる症状で出るそうです。
心労なのか副作用からなのか結果は来週以降です。
MRI で判明しなければ足の筋肉に針を刺して調べるそうです。
3 月のがん治療終了後からずっと様々な副作用に悩まされてきましたが、年越しせずに年内に判明すれば良しとしましょう。
あと少しガンバ。そして来年は社会復帰するぞ (^o^)丿。
あっ、でも派遣法が改正されたので書類を提出しクリアしたので単発で 1 日仕事が入りました。
年内かつ大勢のスタッフが必要で 1 日だけの単発の仕事ですから、大体想像できると思います。
えぇあの日なんです。あの日。20歳以上のみなさ〜ん、ちゃんと行使しましょうね。
ちなみに病院の帰りに寄った手打ちそば屋で食べたきのこそばが美味かった。
つか、高校生の頃はしょっちゅうこの辺バイク(彼氏のね)で走っていたのに一度も入ったことがなかった。
来週も MRI 検査のあと診察までの間はここでランチしよ。