家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

がんと就労

6月10日、東京国際フォーラムで「がんと就労」のセミナーを受けてきました。

event.nikkeibp.co.jp

この中の、16時30分から実施された
「がんと就労」企業でできるがん対策
~コープみらいのきめ細かい復職支援制度から学ぶ~

生活協同組合コープみらいから
人事教育 執行役員や、総務部 労働安全衛生課 看護師

国立がん研究センターからは
がん対策情報センター センター長 若尾 文彦先生
がん対策情報センター がんサバイバーシップ支援部長 高橋 都先生

概要は以下

早期発見や治療法の進歩により、がんと共に暮らし、働くことがあたりまえの時代になってきています。本年2月には、厚生労働省から「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」も公開されました。13,000人を超える従業員を擁するコープみらいの事例から、がんと就労の課題や方策について考えます。

すごくハイレベルなお話を聞くことができました。
正規雇用(正社員)だけでなく、パート(非正規)にも対応できていること。
上司が変わって部下に対する理解力が乏しくても、きちんと人事や健康管理センターがフォローすることなど。

がんで治療を受けながら、安心で安全に仕事を続けられる環境を当たり前のように作る努力を惜しまないこと。

今回、高橋都先生と再会できたことがとてもうれしくて、先生からお声をかけていただきました。

私もがん患者として、またピアサポーターとして、就労支援をしている専門家にお回しできるだけの最低限の知識を得ることができました。

とても意義ある時間を過ごす事ができました。ありがとうございました。