家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

ピンクリボンフェスティバル スマイルウォーク

10月7日、天候が危ぶまれましたが、無事、六本木ヒルズアリーナにてピンクリボンスマイルウォークが開催されました。

2回目の参加です。昨年と同じ表参道6kmコースです。

11時30分受付。長蛇の列のため並んで待っています。

ももいろクローバーZ 百田 夏菜子さんと、昭和大学医学部乳腺外科教授・昭和大学病院ブレストセンター長、日本乳癌学会理事長中村 清吾 先生 

なるほど・・・今年は参加者が多い、かつ若い男の子が多いのは、こういう理由があったのですね。
でも走ったり、追い抜いたり、競歩になったりしては、趣旨を理解しているのかな?と疑問に思ったりもしましたが、後々の将来に活かしてほしいとも思いました。

参加賞

完歩証

珍しく肉です。ステーキ丼。

リレー・フォー・ライフの手形もそうですが、こうやって参加することに大きな意味があると思って来年もまたチャレンジします。

本当はホテルに1泊して11kmコースなどもチャレンジしてみたいです。

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017東京上野

はじめて他会場のリレー・フォー・ライフに参加してきました。
その会場が東京上野、上野恩賜公園です。

まずはサバイバーなら手形を。

ステージかっこいいですね。

ルミナリエバッグはひな壇になっていました。これは海外のRFLに参加してきた方のアイディアだそうです。

開会式に40分遅刻したのですが、挨拶には小池都知事アグネス・チャンさんも。
一緒にサバイバーズラップできたのに、来年以降は遅れずに頑張ろう。

正直、横浜に行こうか迷いましたが、日本の中心、まずは東京からと参加。
さいたま実行委員会の方や信州長野の実行委員会の方などにお会いすることができて、お互いにエールを交換しました。

それぞれの会場により個性があり、そういうやり方もあるかぁと勉強になりました。
批判はいらないので、お互いの良いところ、ここは改善したほうがいいところなどを学び来年RFLJ川越10回大会に向かいたいと改めて思いました。

また、大勢の方との出会いもあり、お名刺をいただきながら、自分には渡せる名刺がないことに気が付きました。

すべて来年に活かそうと改めて決意しました。

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017川越無事開催されました

台風の進路が変わり、最後まで開催が危ぶまれましたが、無事にリレー・フォー・ライフ・ジャパン2017川越は、2日間乗り切ることができました。
オープニング 後ろ姿のスタッフ(実行委員会、サポーター)
こういう視点で見るのもいいですね。撮影した実行委員ナイスです。

3年越しの数珠の作成

役割を持つとなかなか自分が動くことができないのですが、今回はスタッフが増員されて動ける時間が増えました。

もちろん、がん哲学外来メディカルカフェも参加しました。

今年は、何年かぶりに再会した方や、今までもここで会っていたけど、名前がわからなかった方など、また新たな出会いに恵まれました。

とにかく笑顔、笑顔、笑顔、笑顔。
雨は卒業された(がんで亡くなられた方)が、お~い元気でやっているかと肩をたたいてくれている、一粒一粒の雨が、天国から降りてきた人たち。一緒に歩こうよと言ってくれている。
そう役員が挨拶をしていました。良い言葉だなぁ。

来年は川越は記念大会第10回を数えます。10周年です。
ぜひがんサバイバーのみなさん、支えるケアギバーの皆さん、川越のリレー・フォー・ライフを楽しんではいかがですか。

ブドウ狩り

明日はリレー・フォー・ライフ・ジャパン2017川越の開催です。
本来なら、水上公園に設営に行くのですが、前々から決まっていたブドウ狩りが雨で順延し、今日しか行く日がなかったので、明日差し入れをすることで許してもらうことにしました(←うそ、勝手に決めました( ̄▽ ̄)

ピオーネ

f:id:yuppie:20170915213846j:plain

シャインマスカット

f:id:yuppie:20170915213859j:plain

巨峰は終了していたので、ほかにサニードルチェなど食べて買ってきました。
1週間早ければ、巨峰が食べられました。
おいしいです。なんせその場で切っていただくのですから。

笑いヨガ

8月最後の週末に笑いヨガに参加してきました。
場所は埼玉県内。←どこだよ(^^;)!
最初は照れがありましたが、終わったころには心地よい疲れと、ポカポカ体が温まっている自分がいました。
ヨガを実施してくれた団体の代表はがんサバイバーです。再発もしていらっしゃいます。
自身のために、そして同じ境遇や家族・遺族の方々に寄り添う活動をしていらっしゃいます。
なので、今後ともよろしくお願いします。と、ご縁をつないでいただきました。
仕事で笑うことを忘れていたので、心と体のリセットに良い経験ができました。

退職

7月から国の外郭団体で働き始めました。非常勤職員です。
民間で言えばパート労働者です。
ハロワの紹介から働き方(勤務日数・勤務時間)に配慮していただき、ここで頑張ろうと決めていました。
が、出勤初日からこれは無理だと直感しました。
詳細は書けませんが、特殊でした。異質でした私には。
同僚たちはとても気配りが効く素晴らしい人間関係でした。
しかし・・・仕事を直接指図する人は「無機質」な人でした。

挨拶ができない「おはようございます」「お疲れ様です」は、
⇒そういうの無駄だから。
仕事を具体的に説明しないので説明やお伺い、相談を持ちかけると、
⇒言葉を考えなければいけないのはやめてほしい。

そう、0か1の世界の人でした。

理数系研究者のすべてがそうではないと思っています。
はじめての人種に出会いました。私には珍種でした。
自分の世界だけで生きていけるって幸せですね。

相手のことを考えるっていう発想がなくていいんですから。

不思議な世界を見せてくれて、教えてくれてありがとうございました。

座禅とYogaを体験

お寺の本堂で開催された座禅とYogaに参加してきました。
知り合いの緩和ケア看護師さんのご紹介でしたが、すごくよかったです。
座禅では考え事をすることもなく、静かに時を過ごすことができました。
両方の肩を「警策(きょうさく)」というんですか、パンパンと叩かれたのも、はじめての体験。座禅は前から興味がありましたが、やっと体験できたと身も心もリラックスしてきました。
もちろんYogaも最高によかったです。ただ体が硬いことを改めて実感。
これからも続けようと思います。