家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

11月の出来事1

毎週のように整形外科に通院。
ギブスを取った後は生々しい傷跡。そしてパンパンに腫れ上がった手首。
ギブスを外すなり、早速リハビリ。

ギブスを外した後

「手首、前後左右90度に曲げられるようになってね」とグイグイ曲げられるのはいいのですが痛い痛い(;´Д`)。
さらに気持ち悪いたらありゃしんない。地獄のリハビリ生活に突入です。

痛み止め、湿布などお薬代がかかるかかる。でも仕方ない。
11月は病院通い月間でした。

でも、がんサロンに参加したり(←つか主催者側ね( ^^) _旦~~
がん哲学外来メディカルカフェが3周年を迎えたりなど、楽しいこともありました。

10月の出来事4

10月の出来事3のつづき

無事に私の右手首の手術は終え、2泊3日で退院しました。
金属のボルトで固定され、よりによって誕生日の日にメスを入れるという。
麻酔が覚めてからはほとんど寝られず、リハビリで早々にグーパーの練習をしていました。

f:id:yuppie:20171214222202j:plain

退院から4日目には非常勤職員の仕事に出向き、そこでもみんなに「大変だねぇ~」と笑われ、でも笑うことはいいことなので、私も笑っていました。

退院した翌週には外来。
「来週ギブスを外します」と言われ、もうそんなんに早くに外せるのと驚きました。

10月の出来事3

10月の出来事2のつづき

せっかく、気分よくWithyou小江戸から帰宅したのですが、いろいろあっていろいろあって・・・

右手首を骨折してしまいました。
転倒した際に右手一本で体を支えてしまいました。
日曜日であったことから、リレー・フォー・ライフ・ジャパン川越で一緒にスタッフをしている先生に連絡して、ERに駆け込みました。

ただ駆け込んだ大学病院は川越。しかし母は別の医大にいるため、転院して手術を受けることにしました。

もう母の入院している病棟の看護師さんや医師からは笑われるし、私も笑うしかない。
つづく

10月の出来事2

10月の出来事1のつづき

気管支鏡検査という、肺炎になるとまた辛い検査があり、本来朝から付き添う必要はないのですが、飲み食いができなくなるため、監視のため付き添い。

私は甲状腺機能低下症の症状が重くなり、疲れ果てていました。
イライラも募り、またこんな時にいろいろイベントが入ります。

その1 がんサロン研修
がんの患者団体主催の研修に参加させていただきました。全国規模の団体なだけにとても充実した研修でした。疲れていたけど、参加した意義はありました。

その2 Withyou小江戸 

withyou-tokyo.s2.weblife.me

 ここでは、疲れていて、いろいろ溜まっていたので、グループワークの時に泣きながら現在の状態を訴えました。

気分よく帰宅後、でも落とし穴がまっていました。つづく

10月の出来事1

ピンクリボンスマイルウォーク以来全く更新されていないという・・・。

というのも、
10月3日(火)母が肺炎で大学病院に緊急入院。

右肺が真っ白で、ここまで悪くなっていたかと驚きました。
認知症の人は痛みをはじめ、症状をうまく伝えられないことがあります。
咳が続き、呼吸が苦しそうなので、かかりつけ医で検査をしてわかりました。
結果10月27日(金)までの長期入院となりました。

その間、なぜ入院するのか。なぜ吸入器を付けるのかなど本人は認識できません。
毎日病院に行って様子を見なくてはならず、また病名が
「過敏性肺炎」のため、家の中のカビ掃除、ほぼ年末大掃除状態になりました。
無事に自宅に戻すために必死でした。

「退院後、施設に入りますか?」
全く考えていませんでした。つづく。

ピンクリボンフェスティバル スマイルウォーク

10月7日、天候が危ぶまれましたが、無事、六本木ヒルズアリーナにてピンクリボンスマイルウォークが開催されました。

2回目の参加です。昨年と同じ表参道6kmコースです。

11時30分受付。長蛇の列のため並んで待っています。

ももいろクローバーZ 百田 夏菜子さんと、昭和大学医学部乳腺外科教授・昭和大学病院ブレストセンター長、日本乳癌学会理事長中村 清吾 先生 

なるほど・・・今年は参加者が多い、かつ若い男の子が多いのは、こういう理由があったのですね。
でも走ったり、追い抜いたり、競歩になったりしては、趣旨を理解しているのかな?と疑問に思ったりもしましたが、後々の将来に活かしてほしいとも思いました。

参加賞

完歩証

珍しく肉です。ステーキ丼。

リレー・フォー・ライフの手形もそうですが、こうやって参加することに大きな意味があると思って来年もまたチャレンジします。

本当はホテルに1泊して11kmコースなどもチャレンジしてみたいです。

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2017東京上野

はじめて他会場のリレー・フォー・ライフに参加してきました。
その会場が東京上野、上野恩賜公園です。

まずはサバイバーなら手形を。

ステージかっこいいですね。

ルミナリエバッグはひな壇になっていました。これは海外のRFLに参加してきた方のアイディアだそうです。

開会式に40分遅刻したのですが、挨拶には小池都知事アグネス・チャンさんも。
一緒にサバイバーズラップできたのに、来年以降は遅れずに頑張ろう。

正直、横浜に行こうか迷いましたが、日本の中心、まずは東京からと参加。
さいたま実行委員会の方や信州長野の実行委員会の方などにお会いすることができて、お互いにエールを交換しました。

それぞれの会場により個性があり、そういうやり方もあるかぁと勉強になりました。
批判はいらないので、お互いの良いところ、ここは改善したほうがいいところなどを学び来年RFLJ川越10回大会に向かいたいと改めて思いました。

また、大勢の方との出会いもあり、お名刺をいただきながら、自分には渡せる名刺がないことに気が付きました。

すべて来年に活かそうと改めて決意しました。