家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療(抗がん剤・手術・放射線治療)が終了。家族性乳がん家系で、サブタイプはトリプルネガティブ。現在経過観察中。卵巣がんの腫瘍マーカーが上がってきているけど落ち込むのは3日。日々楽しく生きることを念頭にいろいろな出来事などを書いています。

母肺炎で再入院

8月に入りましたね。残暑お見舞い申し上げます
本当に毎日が猛暑、酷暑。

それでも家族一丸何とか乗り越える予定でしたが、7月下旬、母が胸の下が痛いと訴えたことで、ER(救命救急センター)に駆け込むと、、、
胸膜炎を伴う細菌性肺炎になっていることがわかりました。胸膜炎は痛みが伴うんですね。

昨年カビが原因の過敏性肺炎で1か月近く入院しましたが、一体どこからどんな菌が入り込んだことやら。

再び同じ医大に入院しました。
昨年が長期だったこともあって、ヘルパーさんや看護師さん見慣れた顔がたくさん。
「(骨折した)手首はどうですか?」と声をかけてくれるヘルパーさんもいて( ̄▽ ̄) ハハハ。

前回と違い、酸素吸入はいらないので、点滴と服薬、ネプライザーのみ。
ただ、認知症があるのでせん妄というんですか、あと家と違って病室はわかりづらく夜中に迷子になったようです。
担当医は今回変わりましたが、前回の担当医のお二人も病室に顔を出してくださいました。
「先生また来ちゃいました」
「見慣れた顔がいるなぁと思いました」

前回より症状が軽いので、予定の入院期間より1週間早く、8月はじめに退院できました。
これからの通院は昨年から担当の先生がまた診てくださるとのことでちょっと安心です。