家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療(抗がん剤・手術・放射線治療)が終了。家族性乳がん家系で、サブタイプはトリプルネガティブ。現在経過観察中。卵巣がんの腫瘍マーカーが上がってきているけど落ち込むのは3日。日々楽しく生きることを念頭にいろいろな出来事などを書いています。

婦人科検診

年 1 回の婦人科検診です。
子宮筋腫の手術の時にお世話になった県内の国立大学病院
先生に今日ここまで診てもらえるとは思いもしませんでした。

子宮頸がんの細胞診と、エコーによる子宮内部と卵巣の検査。
子宮もそうだけど、卵巣も小さくて、見えないぐらいになっているそうです(*´▽`*)。
異常があれば連絡が来るので、何もなければ、今日で国立大学病院からは卒業です。

来年からは、筋腫の摘出手術でお世話になった女医さん(ここ国立大学病院から独立開業した)に婦人科検診のフォローをしてもらうことになりました。
紹介状書いてもらいましたからよろしくお願いしま~す。
安心して、診てもらうと思います。

ただね、血液検査でシアリルTn抗原(STN)の値が、毎年確実に上がっているのでちょっと気になります。

来年、先生に詳しく聞こう。まぁまだ値は多少基準値をオーバーしているレベル。
調べると『CA125とのコンビネーションで卵巣癌の診断に役立つ』とあるので、CA125は基準値以下だから。

やっぱりしっかり検診受けないといけないなぁと思います。

http://hboc.jp/downloads/pamphlet_ver3.pdf

hboc.jp