家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療(抗がん剤・手術・放射線治療)が終了。家族性乳がん家系で、サブタイプはトリプルネガティブ。現在経過観察中。卵巣がんの腫瘍マーカーが上がってきているけど落ち込むのは3日。日々楽しく生きることを念頭にいろいろな出来事などを書いています。

乳がん検診

早いもので、乳がん術後6年検診を受けてきました。
レントゲン、エコー、血液検査。すべて異常なし。ヽ(^o^)丿

母も3年検診。マンモグラフィー、エコー、血液検査。すべて問題なし。\(^o^)/

私と母の検診での大きな違いはマンモがあるかないか。

多発性繊維線種(良性のしこり)が多いと、マンモはがんが発見しずらいそうです。
なので、私はエコーで画像診断を受けます。

6年も経てば通常、外の乳腺クリックなどに転院する、あるいはたとえ術後1年でも安定していれば外に出されます。

家族全員が乳がんを罹患しているため、遺伝性の問題もあり、現在もフォローしていただいています。ありがたいです。

でも乳がんだけでなく、卵巣がん(HBOC)やすい臓がんなどのリスクもあるので、卵巣エコーを毎年受けています。

特定健康診査では簡単な大腸がん検診も受けています。これも遺伝性の問題ありますね。

甲状腺がんの検査も受けなきゃなぁ。のどは前から腫れているのですよ。
悪性を示すものではなく甲状腺機能低下症(橋本病)が原因。

リアルにがんが自分とは切っても切れない関係なんだなぁと思ったりします。

でもそれに支配されない、笑って生きていける自分作りを大切にしています。