読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

仕事運は確かにないんだけど・・・

今日、某福祉施設のデータ分析・統計業務という、かっこいい名のお仕事が 「一旦終了」 しました。
開設以来、施設利用者さんの生活状況、体調の変化、心理的なもの(不穏というらしい)、その他いろいろを紙のデータで管理してきたそうです。

それらすべて電子化させ、可視化し、分析と統計を取るということで委託されたお仕事でしたが、先方の都合で先週、つまり一週間前に突然 「しばらく来なくていいから」 と言われました (・.・;)。マジですか!

確かに理由を聞けばそちら内部にとっては、深刻な状況なのでしょう。

繰り返しになりますが、
・施設開設から紙のデータがあるので、それを電子化する。
・同時に現在の状況も追っていく。
生活支援員(介護士)は、自分の担当の利用者さんの状況を、経験に基づく客観的に裏付けされたデータで状態をほぼ確実に把握できる。
・施設運営側は現場の支援員から毎月口頭で報告される内容以外に、数値で客観的に読み取れるデータがあるので管理しやすくなる。
・業務報告書として外部理事等に報告する。

というものでした。
が、ここがポイント。

開設以来10年なんてデータはそもそもなかったそうです。
今日、今日ですよ知りました。もう笑うしかない (*´。`*)。

現場の人たちに言わせると、私が昨年初めて仕事の打ち合わせに行ったその日、何のために私が呼ばれ、何をするのか、現場サイドは私に何を指示するのか教えられたそうです。

働き始めてから
「現場から10年なんていらない。3年でいいと言われたからやらない」
「3年もいらない、2年でいい」
「現場がいらないっていうんだから仕方ないじゃない」
など。

知人にも言われましたが「過去の電子化されてないデータをどこまで使うか」で判断したものでした。

前もってきちんと仕事を精査し、業務指示が的確にできなかったのです。
そして一週間前に毎月分析のためのデータ収集も取れないと (*´。`*)。

トップの人間性を見抜けない自分もアホですが、情けなくて悲しくて、現場管理者の方たちと話している間に泣けてきました。

無責任にポンと言い放って終わり。現場が後ろから追いかけるのに精一杯。

契約書はありますが、残念ながら私も突っ込みどころを甘く見ていて、「これ違約金が発生してもおかしくない状態なのに・・・」
契約書に明確に書かれていないことに今更気が付きました。

でも言うべきことは言っておきました。
一生懸命自分たちの保身に走っているので、突っ込みどころはここと、ここと、ここでしたよと。
知人だからと言って「まぁそこは・・・と、うやむやにしないでください」

にしても、経営者は利用者や支援員のプライバシー(個人情報)を簡単に話すし、人には厳しく自分に甘いし、失礼なことを平気で口にする。

あまりに無神経な言葉を口にしたので、出る言葉がない。
というか、そういう人と仕事で付き合うことになるのだから、私も同類ということですね。
まだまだ甘いなあ自分。

また一つ人生勉強になりました。
ありがとうございました。