家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

リレー・フォー・ライフトレーニング

公益財団法人日本対がん協会の方を講師にお迎えして、日本対がん協会のこと、リレー・フォー・ライフのことを一から学びました。
つくづく思います。認知度の低さ。
そういう私だってがんになって知りました。
いいえ、妹の死後しばらくしてその存在があることを風のうわさで聞いていました。
でも関わってきませんでした。目的が見えなかったからです。見ようともしませんでした。心が閉ざされ、閉じ籠っている時は目に映りません。

役所ですら聞いたことないから(怪しいと思ってしまう)感覚。
厚生労働省が後援しようが、埼玉県が共催しようが関係なかったです。
「24 時間がんは眠らない」 つまりがん患者は 24 時間闘っている。
莫大な資金が必要な新薬の開発。物によっては数千億円。
医師の育成。
年間通してのがんサロンの開催。
看護師や医師への無料相談など。
「もう少しメディアを通して宣伝を…」 参加者の思いでした。
なんで、朝日が立ち上げにかかわっているのに、テレビでも新聞でも何もしてくれないのだろうか。
対がん協会の方々とも一緒に訴えていくしかないですね。
あなたの大切な愛する家族が例えば希少がんになったらどうしますか。
希少がん

数が少ないが故に、患者が受けられる医療において他のがんよりも明らかに不利な状況が生じている稀な一群のがん(以下省略)

「このがんは治療法が確立されていません」
「もう治療法がありません」
その時 「仕方がないですね」 ときっぱりあきらめられますか。
「なんで治療法がないの」 と憤りますか。
リレー・フォー・ライフの活動だけが薬の開発のための寄付を募っているわけではありませんが、新薬開発のためのその一端を担っています。
免疫療法もはっきりしたものが出てきました。
地道に先輩たちがここまで頑張ってこられました。
公益財団法人はたくさんありますが、私はここで頑張ります。
私が関わっているリレー・フォー・ライフ・ジャパンは、シルバーウィークの初日から 2 日間実施されます。