家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

がん征圧募金箱


ごあいさつ
リレー・フォー・ライフ・ジャパン川越の実行委員になりました。
昨年、地元のロータリークラブ社会福祉協議会のご協力をいただき募金活動をしました。
今日は市内数か所を一人でまわってきましたけど、ぜ〜んぶ撃沈でした。
当って砕けました (T_T)/~~~
露骨に嫌な顔されました。(←他の団体とはそうね・・・ちょっとやっぱりニュアンスが違うわよね。
聞いたことないしそんなの(団体名)。(←そうね、そうね確かに。
うち(お店)はもともと募金活動はやりません。(←ハッキリしていてある意味すっきり。
お金(募金箱に)入らないと思う。(←門前払いになったところもあったと言ったら妙に納得された。
怪しい団体ではなく、れっきとした公益財団法人であること。
日本対がん協会
寄付について
過去に NHK のニュースでもトップに取り上げられた実績などお話しさせていただきましたが。
ピープル - NHK福祉ポータル ハートネット - リレー・フォー・ライフ「がんと生きる リレー・コラム」 (プロフィール)
認知度が低いです。がん患者ですら知らないリレー・フォー・ライフ
なんか怪しい宗教にでも関わったかと煙たがれました。批判する人もいます中には。
そんな私も知りませんでした。いえ、妹の終末期のあと知る機会がありましたが、気持ちが向きませんでした。
いつかどこかで 「(募金箱)置くだけでもいいんだろう」 そう言っていただける時がきてくれればと。
一瞬凹んだけど、過去に自分が様々な団体の募金活動にどういう気持ちで関わったか考えれば。
まずは自分のおこないを反省してから前に進みます。
とにかく地道にいくしかないですね(^_-)-☆。
人生が 80 年になり 2 人に 1 人が、がんになり、3 人に1 人が、がんで死ぬ時代。
最大の効果と最小限の副作用ですむお薬や分子標的薬の開発。
希少がんのお薬や終末期の痛みの緩和。がん専門医の育成。
がんがインフルエンザのように注射一本で治る時代がいつかきますように。