読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

契約終了

パワハラは当たり前」

コンプライアンス?何それ?」

そんな創業者が経営する会社を本日付けで辞めました。
正式には8月20日で契約が満了するので、更新の有無を確認するために、7月19日の日に「契約の更新はしません」と申し伝えました。

それから1カ月以上が経過しました。

誰に引き継げばいいのか、何も指示がありません。
そう、パートが決めなければならないのです。
管理職でもないのに、人事権もないのに。
でも私は動きませんでした。

総務(庶務)の仕事は、パートさん自ら私に名乗り上げてくれました。
なので、その方に引き継ぎました。

問題は本来、応募していない会社に採用されていたという事実を後から知った会社の仕事です。

あっ、ちなみにその会社今年7月につぶれました。元の鞘に収まりました。

マネージャーに「誰に引継ぐの」と聞かれて、はじめて表を作成を提出しました。

ブラック企業と言いますが、創業者がだらしなさすぎるんです。

人の下で働きたくない。
自分の言うことを聴いてくれる人以外はいらない。
仕事は思い立ったら、今すぐ実現できなきゃダメ。
顧客にさえも、自分の意見に従わないと「そんなんじゃ、だめだ」と言い切り逃げられる。
みんな振り回されました。パートの身で。

経営者が耳に痛いことを聴く度量の大きさがなければ企業は成長できない。
経営者に諫言できないのであれば、企業の成長は望めない。

面接を担当した名ばかり人事担当に、言うべきことを残してさようならです。

引継ぎの関係で、今週は5日間出勤していました。
がんの治療が終わってから週5日勤務は、派遣で午後からの4時間はあったのですが、午前中からは始めてでした。

月・火・水は5時間。木・金は6時間。
きつかったです。がんの影響ではなく橋本病の症状が。

明日は「乳がん患者の運動」をしてきます。
心と体をリフレッシュさせてきます。

一年間お疲れ様自分。