読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

明日は妹の命日です。

2006 年 12 月 9 日午後 5 時 10 分没。
妹のために書いていた「家族のがん闘病記」も止まっちまって早何年。
死因:転移性脳腫瘍
原発がん:乳がん
抗がん剤なんかやったら殺されるよ」と言われ、代替療法に一途に取り組んで。
痛くて痛くて、苦しんで苦しんで、気が狂ったんじゃないかと思うくらい苦しみぬいて、最後はこん睡状態になって静かに旅立ちました。
母と父と姉を置いて。
生かされている人は、つまんないことで愚痴愚痴言ってないで、一所懸命生きればいい。
と、この時季になると強く思う。普段は忘れる。
明日はお墓で一所懸命手を合わせてきます。
そしてまた「一笑懸命」生きます。
がん体験者である私は、埼玉県がんピアサポーターになりました。
が、がん患者やその家族だけでなく、私たちのように遺族になった人たちも、心が救われる環境が一日も早く整うことを切に願います。
病院にも精神腫瘍科という形で心療内科が、がん患者本人や家族、遺族をケアしてくれますが 「その病院に通った人でないと対応してもらえない」 とかかりつけ医に言われました。
残されたものの、残された 「心」 はどこに行けばいいのでしょうか?