家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

がん検診県民サポーター養成研修

もっと大勢の方が参加されるのかと思ったら、以外に小数でちょっとびっくり(・o・)。

前半は日本医科大学武蔵小杉病院 腫瘍内科の女医さんのお話。
私的には今まで様々なセミナー・フォーラム・公開講座などで得た知識のおさらいでした。
会社から 「受講して来い」 と言われてきた方などもいたみたいで、その方たちには難しかったかなあ〜。
後半の養成研修では 「いかにがん検診の受診率を上げるか」 や市町村で実施している 「がん検診の有効性」 のお話。
「国としては受診率を 50% に上げたい」 と県の疾病対策課の方のお話があり、根拠もおっしゃっていて 「フムフム」 と聞いていたのですが、今は忘れました(>_<)。
これはケモブレインですか?若年性アルツハイマーに近づいていますか?
でもでも、明らかに記憶力は低下してきています。仕事でも不便を感じています。
自分なりの仕事マニュアルをパソコンで作っているんですが、どこに作ったか忘れることがあります。
ネットワーク上かローカルか。フォルダはどこにあって、ファイル名はなんだったのか。焦ります。
また Web 上でつい先週操作したばかりなのに、IDとパスワードをどこで管理したのか。
パスワードを管理する専用ソフトがあるからそこで管理しているのに・・・思い出せない。
もう激落ち込みです。
今回サポーターになり、認定手帳をいただきましたが、この手帳以外にプレゼンで使った資料が補助資料として添付されていれば私的にはよかった。
記憶できないから。トホホ。困ったもんじゃ(~_~;)。