家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

ホルモン療法を初めてから 1 回目の診察

母の乳がん治療は 「術前ホルモン療法」 から始まりました。
診察前に採血、TRS 検査。
血液検査の結果は特に大きな問題はありませんでした。
肝機能正常。
腎機能は健康診断でもクレアチニンの値が若干高いのですが、まぁ何か治療をしなくてはいけないという範囲ではありません。
高血圧なので腎臓で血液がうまく濾過できず、血管が固くなっているのかもと。
服用から 2 週間、今日まで本人が訴えてきたこと。
その1 トイレが近くて困る。
便秘になる人が多いそうですが、母はやたらお通じの回数が増えました。
整腸剤を処方してもらってますが、多い時は 1 日 10 回。疲れるとのこと。
「まぁまぁでも抗がん剤の副作用に比べたら・・・」 となだめています(~_~;)。
その2 鼻血じゃないけど軽い出血
診察後、私に言ってきたので次回の診察時に言わなきゃ。
まだ 2 週間なので、関節痛やホトフラなどはありません。
もともと汗かきなので、区別できるか疑問。
とにかく半年間がんばるしかありません。