家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

いよいよ母の乳がん治療の始まり始まり〜

妹、私に続けて母の治療が開始されることになりました。
妹と私はトリプルネガティブ。
母はホルモン陽性。HER2 陰性。
ということで、術前ホルモン療法として飲み薬を 1 日 1 回朝食後に明日から服用します。
期間は 6 か月。
骨粗鬆症やビタミン D などのお薬はすでに内科医院で処方されているので、そのまま服用し続けます。
服用前検査として
・TRS検査
・レントゲン
・心電図
超音波検査
・採血
を実施。
飲み薬のフェマーラは心臓に負荷を与えることがあるそうです。
まぁそれにしても時間がかかったこと。本当の病人ならできんぞな、こんなに検査いっぱい。
乳がん卵巣がん・大腸がんは家系です。
一人でもいたら検査しましょう。本当に早いに越したことありません。
我が家は「 100% 乳がん家系」 でした。(過去形な言い方。
親から子、子から孫。
どんどんその濃度は濃くなりますから。(大学病院の女医の話)
あとでお金と体に負担をかけたくなければ早め早めに対処しましょう。
アンジェリーナ・ジョリーの予防的措置も、先の将来、普通になってくる時代になるでしょうか?そのためには保険適用にならなくてはなりませんが。
あと 10 年もしたら 「乳がんなの。あっそう、じゃあこれ飲んで治そうね」 で済む時代が来るかもしれません。(公開講座から)
でもそれでも早期が大前提ですから。
我が家は母に妹がいるので、早急に検査を受けるよう連絡しました。
従姉妹は動揺していました。
乳がんの治療の進化はすごいです。
辛いですが「人は順番に関係なく必ず死ぬ」ので、少しでも負担なく逝けるようにするのも本人、周りの人の勤めかと思います。
早期発見はそのためにあると思います。
ちなみに今日は亡き妹の誕生日です。
夜、仏壇にフルーツゼリーをお供えして家族みんなでおいしくいただきました。