家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

子宮がん検診クリア

1 年ぶりの某医大婦人科検診です。
子宮筋腫の時の執刀医の診察を実に何年ぶりでしょうか?受診しました。
今はフリーで仕事しているそうです。あらっ、働き方は私と同じ。
久しぶりなせいか先生は 「あれぇ?」 てな感じでしたが、私は 「お久しぶりです(^_-)v」 てな感じであいさつを。
びっくりしたのは、先生ものすごい勢いで太りましたね (~.~;)。
・・・とは言えませんでしたが、でもサイズが倍になっていました。
「これだけ子宮が委縮すると子宮体がんはどうよ?」 ってな感じだそうです。
でもエコー検査をしてクリア。
あとは血液検査 (腫瘍マーカー) を調べてもらい、何かあればメールをくれるとのこと。
ほとんどが世間話でした。
ちなみに我が家の女性陣全員が乳がんになったことを話すと 「完璧な乳がん家系」。
もしも私や妹に娘がいたとしたら、遺伝性は濃縮するのでもう予防的にとってしまったほうがいいかもしれないし、そういう時代になるとのこと。
祖母がなったら、母が、母がなったら、娘が、どんどん確率(濃度は濃くなり)は 6 割から 8 割と高くなるそうです。
あとでお金や体への負担で泣きたくなかったら、検診を受けて見つかっても少しでも負担が少なくなるようにしましょう。