読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族性乳がん家系。あとから橋本病がついてきた。優璃のしっかり生きよう徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

術前ホルモン療法から開始します

20140522母の乳がん確定
しこりの大きさ(T):1.7cm
リンパ節への転移の有無(N):生検の結果わからなかった
多臓器への転移の有無(M):来週 PET 検査
結果、現段階では 「ステージ 1 期」 とのこと。

                                                                                                                                                        • -

が、5 月 22 日の診断でしたが、PET 検査を終えて、
しこりの大きさ(T):最大で 2.3cm
リンパ節への転移の有無(N):なし
多臓器への転移の有無(M):なし
しこりが小さいところで 1.6cm だったのですが、最大で 2.3cm あったため、
がんのステージは 「ステージ 2 期 A」 になりました。
また皮膚の表面の近いところにあるため、場合によっては 「3 期」 になるかもしれないとのこと。
しかし、本人いたって元気です。
むしろがんと分かり、私と同じで前向きになりました。いいことだ(^_-)。
治療は 「術前ホルモン療法」 から開始です。
乳がんの治療は手術・放射線治療・化学療法 (抗がん剤) 以外に、ホルモン療法と分子標的薬があります。
ホルモン陽性な母はこの 「術前ホルモン療法」 を受けます。
ホルモン療法は今までなら、手術 → 放射線治療のあとに行う(それも 10 年から 5 年)が一般的でした。
乳がんの治療は本当に日進月歩です。
まずは半年間、術前ホルモン療法 → 手術となる予定です。
また国際医療センター内で研究データとして現在データを集めているそうなので、協力することにしました。
Ki-67(増殖能のマーカー)はこれから調べることになります。
これからまずは半年間、家族一丸で頑張ります。