家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

はじめてのリンパ浮腫ケア外来

以前手の甲にちょっとしたすり傷を作った時にプクゥと腫れ、さらに二の腕から背中左半分が腫れている感覚があったので、今日国際医療センターのケア外来を初受診してきました。
ちなみに予約は一番最後でした。
担当は認定看護師さんで、患者会でお会いしている割に直接お話しをするのは初めてなので 「どうもはじめまして」。
先に今日までの経過を説明し触診してもらいましたが結果は 「問題なし」 でした。
ほっ(^。^)。
悪化する前から行うのが大切。リンパ浮腫のセルフケア
私の場合は上記リンクの症状で言うと 「0期*1」 です。
手の甲の腫れは 「1期」 になりかけてリンパドレナージを毎日実施していたので 「0期」 に戻ったとのこと。
そしてリンパ浮腫を起こすリスクとして下記 3 点が私にはあてはまるそうです。

以上 3 点からすでに 「0期」 に該当。
日常生活で気をつけることは、

  • 皮膚をよく観察すること

血管がよく見えているので問題なし、浮腫みが現れると血管が見えなくなる。
私は左手にパワーストーンをつけているので、それがきつくなるようなら指標になるとのこと。指輪も同じ。

  • 傷を作ったらすぐに傷口を洗い消毒

放置はダメ。これぐらいなら自然に治るだろうはダメだとのこと。きちんと消毒して軟膏を塗ること。

  • 体重コントロール

BMI は 22 以下。25 〜 30 ぐらいあると浮腫のリスクが高まる。
そして一番大事なのは 「保湿」 だと教わりました。
以前患者会のミニサロンで教えていただいたので、お風呂上りに身体をタオルで拭かず先にローションをぬり、それからタオルで押さえるぐらいにしています。
二の腕から背中左半分のごつごつしたような、腫れているような感覚はリンパ節郭清をした後遺症(神経障害)で、腫れてはいないそうです。
神経障害は 2〜3 年と医療従事者の方はおっしゃいますが、実際の患者は長い人で 「10 年ぐらいかかった」 と言う人もいます。
個人差がありますね。
またリンパ浮腫は 10 年以上たってから現れる人もいます。実際友人がそうです。
なので生涯セルフケアが大事。
今日は指導だけだったので 210 円ですみましたが、実際腫れてきてリンパドレナージをしてもらうとなると保険がきかないようなので、気をつけよ。

DVD2枚付き 乳がん・子宮がん・卵巣がん 術後のリンパ浮腫を自分でケアする

DVD2枚付き 乳がん・子宮がん・卵巣がん 術後のリンパ浮腫を自分でケアする

まあ整体に行くのと同じか。
弾性着衣は保険適用ですが、でも利用しなくていいようにこちらも気をつけましょう。
何にしても癌の治療の後はいろいろありますね。

*1:リンパ管の輸送に障害があるが浮腫みはハッキリと現れていない