家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

またまた血液検査だぁ!

今年最初の地元のかかりつけ医 (内科医院) への受診。
主治医 「今日は?」
私 「いつもの(薬)」
飲み屋じゃないのに 「マスター、いつもの(やつ)を・・・」 的な会話(~.~;)。
そのあとは昨年 9 月から結局のところ一向にやっぱり基本改善しない(←くどいぜ (~~;)
筋力低下のセカンドオピニオンの相談。
20121218血液検査と針筋電図の結果
主治医 「神経内科でリハビリに回してもらえればよかったのに」
私 「リハビリ?どこで?国際医療センター?医大?」
主治医 「医大だよ。リハビリのいい先生がいるから。医療センターや医大でのデータがあるんだからそっちに回してもらって、どうすれば筋力が戻るか指導してもらえばいいんだよ」
私 「神経内科は終了しますって言われたし・・・」
続けて 「言われないと素人にはわからないよ〜 (>_<)。血液や針筋電図で何も出なかったと言われればそれまでで。考えた結果セカンドオピニオンの相談しにきたわけで・・・」
主治医 「神経内科の先生わからなかったんだろうなぁ。いい先生がいるからそっちに紹介状書いてやるよ」
続けて 「で、副作用なのか?」
私 「わかりません!」
主治医 「教えた筋トレやっているか?」
私 「体操やウォーキングと一緒に筋トレもほぼ毎日やってますよ。でも根本は変わらない」
乳腺腫瘍科でも精神腫瘍科でも神経内科でも、化学療法や放射線療法の副作用なのかどうなのかわからなくて『難民』にならないように頑張らなきゃ。
心労・ストレスならそれを取り除くようにしなければ。
つーことで、念のためにその前にまたまた血液検査。
リハビリね。そこに気がつかない、これって私が疎いのかなぁ?
でも言われなければ気がつかなかったなぁ〜。
つか、かかりつけ医に相談して良かった (^.^)v。
月末の精神腫瘍科受診まで時間があるからできることをやろう。