家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

勉強会と顔合わせ

今年度入会した新会員(患者)さんたちとの顔合わせが午前中に実施されました。
既存の会員さんと違ってみなさんフレッシュ(←そういうことじゃないだろ (~.~;)
趣味、治療歴など自己紹介をして役員さんたちと楽しくおしゃべりタイム。
気になることを質問したり、ベテランがんサバイバーさん(!?)の話は 「はぁ、本当にいろんな人がいるんだ」 と改めて思い知らされました。
私なんてがんのステージいい方じゃん・・と。
お昼を挟み午後は自身ががんサバイバーな女医の貴重な体験談を聞く機会をいただきました。
もちろん体験談だけでなく治療法や生存率の話など。
抗がん剤投与中は思いきって休職されていたそうですが、びっくりなのが抗がん剤投与中に何度も海外旅行に行かれていたこと。
富士山まで登られてご来光を見てきたと聞いたときは拍手。
私はひたすら寝たっきりだったからもうびっくりでした。
基礎体力が違うのか。副作用の出方が違うのか。
ご本人はかなり進行したがんだったこともあって 「あと 3 年くらいかな」 と思っていたそうです。
知識があるってこんな時、冷静に自分の命を計算するんでしょうか。。。
そのため仕事もセーブ気味にこなしてきたそうですが 5 年を経過してまだ生きている。
「だったらもっと自分にできることをやろう」 と医大を退職し非常勤になり他の病院を中心にがんばっておられます。
女性なので抗がん剤中の脱毛は堪えたそうです。
今も決して髪の量や質など十分な状態ではないそうですが、それも自分自身と受け入れていらっしゃいます。
それは私も同感です。
いやぁ〜凄く良いお話を聞かせていただきました。
勉強会ためになる。
患者会の役員さんありがとうございました。