読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

がん治療回想録

すべての治療が終わったので、思ったことを書いてみる。
「この現実から逃げだせるものなら逃げ出したい」 がんかもしれないと疑いはじめて、検査結果を聞きに行く車の中で思ったこと。
そして 「いやいや、この現実から逃げ出すわけにはいかない」 と言い聞かせてきたこと。
がんが確定したあと、顔が真っ赤になって、顔でお湯が沸かせるんじゃないかと思うほど緊張したこと。
そんな状態から始まった化学療法。
いざ投与してみれば、思うほど緊張することもなく、むしろ 「これで治るんだ!」 と 8 回の投与が終わったこと。
副作用の寝汗や寒気、いつまで続くの高熱など夜中に襲ってくるものもあれば、味覚障害で食事が楽しく摂れなかったりしたこと。etc.
でも 「もうやめる!」 とは思わなかったし、自分の細胞なんだから(正常な状態に)治そう!治る!と言い聞かせてきた。
「すごくつらいんでしょう?」 とか
「大変でしょう」 とか周りから言われていたけど、結果から言うと 「うん、まぁ、こんなもんでしょう」。
いい経験でした。ホントにいい経験をさせてもらいました。
ありがとう・・・と、今は言えます。
手術も痛みという意味では筋腫の手術の時よりすっごく楽だった。
そしてこんなに通院が楽しくていいのか放射線治療でした。
でも、人は忘れやすい生き物なので、部屋に「再発防止の取り組み」と張り紙をして、治療中の写真も貼っておきましょう。
これからは 10 年という月日をかけて経過観察。再発と転移防止に取り組んでいきましょう。
食事療法やビワの葉温熱など自然療法は引き続き続けていきます。