読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

病理結果と放射線治療に向けて

まずはその前にアマゾンに注文しておいた本が本日届いた。
1 冊は2012/01/23のブログで入院中に紹介されたリンパ浮腫に関する本

DVD2枚付き 乳がん・子宮がん・卵巣がん 術後のリンパ浮腫を自分でケアする

DVD2枚付き 乳がん・子宮がん・卵巣がん 術後のリンパ浮腫を自分でケアする

もう 1 冊は標準治療(手術・化学療法・放射線療法)終了後に備えた本で、編集スタッフ自身が乳がん患者。
がんを再発させない5つの習慣―主治医も教えられない! (主婦の友パワフルBOOKS)

がんを再発させない5つの習慣―主治医も教えられない! (主婦の友パワフルBOOKS)

んでもって、本題その 1 「病理結果」。
病理結果チェックリストがネット上にあったので、それを印刷して持って行った。
項目はいろいろあるけど主なものを
===
リンパ節転移:転移のあった個数 0 / 切除リンパ節数 9
がんの種類:浸潤がんの中でも充実線管がん
組織学的悪性度:グレード 3
エストロゲン受容体陰性、プロゲステロン受容体陰性、HER2陰性:よってトリプルネガティブ
===
用語はその都度ネットで調べました。
リンパ節転移が消失していたのはホッとした (^。^)。
グレード 3 かつトリプルネガティブ。この活字と言葉に踊らされないようにしましょう。
保険です。医師と患者自身の保険。「特に気をつけようね」。
医師は 「患者に期待させることを言わない。最悪なことしか言えない」 のです。
治療終了後の最初の 3 年間、再発・転移をさせないためにも上記の本を熟読して実践しよう。
もちろんそれ以降もね (^.^)。「乳がんは一生のお付き合い」 と思って取り組みましょう。
あと整理する意味でここに過去の blog をリンク。
精密検査の結果
んでもって、本題その 2 「放射線治療」。
放射線担当医師とごたいめ〜ん。感じがいい先生です。よかった (^.^)。
来月初旬に CT 検査。中旬から治療開始。
間が空きますねぇ。でもそれだけ混んでいるんです。全国から患者さんが来ますから。
それまでの間はリハビリと自己免疫力を上げる努力をしていきましょう v(^。^)v。