家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

総括というほどでもないが

今年は年明けから職業訓練の仕事があり、訓練が終了して次の訓練までの間も、某ベンダー系のデスクワークの仕事、そして某ベンダーの定期講習会の仕事と、仕事がなくて困る!! ということがなかった (^-^)v。
6 月 21 日に乳がんを宣告された際、翌日にシラ〜と PC 講師として職業訓練 (現在の名称は求職者支援訓練) を担当していたのがとおーい昔のような (-_-)、懐かしいとも感じる。
このときのクラスはストレスをよけてもよけても、マシンガンのようにストレスを打ってくるようなクラスだった (^_^;)。
某ベンダーの定期講習会が Office 2003 から 2007 を飛ばして 2010 になると言われた時は 「マシンないよ(>_<)! ソフトないよ(>_<)!」 と会社に訴え 「マシン貸せ」「ソフト用意しろ」 (←いやこんな言い方はしないけど・・・。
突っ突いたのはいいが、その後闘病生活に入ることになってしまった。
某ベンダー系にはインストラクターは廃業したいと申し出た。その変わりアウトソーシングの仕事は請け負うと話した。
某求職者支援訓練校にはまだ何も回答していない。担当者が退職しちゃったんだよなぁ。
メールが送信されてきたとき、タイトルだけでピンときてしまった。
「あっ、辞めるな」。
早くて 1 か月、持って 3 か月といわれる職場だというのは有名な話だったので、 1 年持ったことは称賛に値するらしい。
そして、1 年以上仕事を受けていない某 IT 教育機関の講師年間スケジュール表を見ると、みんな一年間大病することなく仕事していたんだなぁ〜としみじみ思ってしまった。
あたりまえじゃなくて、すごいことだと開いた口がふさがらないまま(!?) 講師一人ひとりの顔を思い出していたりするんだなこれが。
これが今年の仕事総括だったりする。半端だが今年は仕方ない。
来年は年女だよ v(^O^)v。