家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

第 7 回抗がん剤

白血球数 4660 好中球 3090。
7 回目の投与は、途中気分が悪くなることなく完了しました。
がー!! 今回は待たされた、待たされた待合室で 110 分待ち。
待っている間、眠くて眠くて、腰痛くなるしで疲れ切った。
呼び出し機で呼ばれた後、席についてから看護師さんが、かわるがわる 「お待たせしちゃって、具合どう」 と確認してくれるので 「待っている間、腰が痛くなっちゃって(~~;)・・・」 としか言えんわ。
ちょうど席に着いた直後、一人のおっさんが受付に怒鳴りに来た。
おっさん 「いつまで待たせるんだ。患者にだって都合があるんだぞ。具合が悪くて来てる患者を待たせてどういうつもりだ。満席だって言って空いてるじゃないか、埋めろよ」
受付 「えぇ、でもまだお薬(薬剤部)の準備が整わず」
おっさん 「いつもの薬だろう、なんでそんなにかかるんだ。かかるわけないだろう」
おっさんどんなに受付に怒鳴りつけたって変わらないよ。
それに言う相手が違う。病院への意見が出せるんだからそこに投書しな。
まぁ怒鳴りつけて、怒りを発散すれば気が済むのだろう。
その後、名前を呼ばれて席に着いてからはおとなしくなった。
言う方も、言われる方も、席について点滴受けている同じ患者も、みんな気分悪くなるんだからやめろやおっさん今後は。
患者みんなが同じ条件で待ってるんだ。
と、おっさんに諭してやろうかと思って席を立ちかけたがやめた。
今は心身とも正常じゃないからね。
つーことで、帰宅後は夕食の時間まで爆睡してしまった。