家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

第 5 回抗がん剤

1 週間延ばしてもらったおかげで体調は絶好調・・・の割に実は白血球はぎりぎり 3400 だったりして (^▽^;)。
今回から薬が変わりました。
最初の 4 回は EC 療法(エピルビシン塩酸塩 + シクロホスファミド)という抗がん剤が投与されていました。
これが私にはとっても有効だったんですね (*^^)v。
副作用は便秘・頭痛・眼精疲労・腰痛・ハスキーボイス・咳・味覚障害・腕の痛み(血管炎)・発熱(最高で38度)・全身の脱毛・口内炎・骨髄抑制・胸痛。
なんだかいろいろあったのねぇー。
過ぎてしまえば 「こんなこともあったのねぇ〜」 と笑って話せます。
5 回目からドセタキセル(タキソテール)に変わりました。
投与当日も翌日つまりブログを書いてる今日も何ら体調に問題はありません。
主治医や看護師さんに言わせると今回の抗がん剤の副作用はしびれ。
手や足の他に、かかとにもしびれがきて、歩くのが辛いかもしれないといわれました。
あとはだるさ。
まぁ何がきてもいいさっ。結果良くなれば (^o^)v。
今日も朝から体操ができたし。ただ 5 回目とはいえ種類が変わって 1 回目だから 2,3 日はゆっくりしてますわ。