家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

検査結果が出るまでの記録

6月8日、紹介状を持って、乳腺腫瘍科で初めて診察を受ける。
担当医:30代の女医。とても感じがよく話しやすい。
最初に触診。触った感じでは良性の腫瘍ぽい。
同日超音波検査MRI の検査をける。
ラッキーなことに検査枠が当日取れた。MRI などは通常1カ月先になることが多いらしい。
6月9日、画像診断の検査結果。
乳がんと診断される。
MRI および超音波の画像からは 「良性とも悪性とも判断がつきかねる」
難しいんだ、乳がんって。
しかし診断はそーいうことでした。
同日マンモグラフィーと針生検*1を受ける。
相当痛いらしいんですが、私平気でした。
これくらいなら 「まぁ痛いけど、耐えられるわ」 って感じ。
生検のあとはさらしでグルグル巻きに。圧迫して止血止め。
6月10日、さらしを取って消毒。
パッチテストすればよかったね。水ぶくれができちゃったよ。
そして運命の 21 日を迎えました。
診断結果に血の気は引いたけど、現実は受け止めなきゃ。受け入れなきゃ。
これからなんだから本当の勝負は。って感じ。

*1:麻酔をして怪しい組織を取り出すこと