家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

友亮選手の状況(はてなプロ野球’05)

ナカジも復帰してきたことだし、友亮も復帰がちかいのかなぁ?と中川充四郎さんのjushiro.comをチェック。友亮情報の部分だけ引用させていただきます。
4/12

5時50分の「プロ野球直前情報」中に携帯がブルブルと震えた。着信履歴を見ると、入院中の佐藤友亮から。折り返し電話したら「外部の一番詳しい人に、チーム状況を聞きたかった」とのこと。

4/14

入院中の佐藤友亮の見舞いに行ってきた。思ったより元気で顔色も良かった。6日に手術をし、ボルトを2本入れているという。本人によると足首の骨折より、左肩の脱臼のほうが厄介だそうだ。
復帰の時期は、主治医との話では、オールスターの時期を目途にしているようだ。
「土井コーチは6月中旬に待っているみたい」と言うと「頑張ります」の返事が返ってきた。
午前中、赤田が見舞いに来て「友亮さんがいないと(1,2番の)リズムがつかめないんです」と語ったそうだ。去年の後半から1番佐藤、2番赤田が定着していただけに、わかる気がする。
トイレには「ケンケン」で、シャワーも工夫しながら浴びているようで、不自由ながらも何とか日常生活はこなしている。
ちなみに病室は310号室(サトオ)、これは偶然だそうだ。

5/11

試合前、佐藤友が球場に顔を見せた。何とか、自分でクルマを運転できるようになった、とのこと。
復帰の時期は「(医者の)先生がオールスター辺りというので、意地でもそれより早く戻りたい」と強気な一面をみせた。ただ、無理はしないでほしい。

5/28

リハビリ中の佐藤友が来宅。今日から、軽目のジョギング、バットスイング、キャッチボールを始めたという。
痛みも消え、後は患部のボルトを抜いてから、本格的な練習を行い、球宴あたりの復帰を目指している。
嫌いな食べ物は、おしるこ、ナス、ロールキャベツなど「グニュ」っとしたものが苦手という。もしプロ入りしていなかったら、JR東日本に就職予定だったという話も初耳だった。親元と、遠く離れて暮らしたくない、との理由で。まして、もしもの話として、メジャー挑戦など毛頭考えた事もないらしい。
当然ながら、チームのことは、かなり気になっている様子で、細かいところも、しっかりチェックしている。
万全な状態で戻ってきて、上位チームを苦しめてもらいたい。

時系列で引用させていただきましたが、本当に無理はダメです。友亮は以前にも同じことして結局棒に振ってるシーズンもあるのだから。でもガンコなんだよね。