家族性乳がん家系 あとから橋本病がついてきた しっかり生きよう優璃の徒然ブログ

2011年6月乳がん告知、2012年3月初期治療が終了。家族性乳がん家系で、トリプルネガティブ。現在は経過観察。日々の出来事などを書いています。

再会

昨年入院していた病院の元患者さんたちと再会を果たしました。おひさしぶりですぅ〜。去年 7 月、8 月頃は 「う〜んう〜ん(>_<)」 いってたんだもん。元気になってホントよかったです。
しかしスッピンだった入院中と違ってみなさん顔が違います。仕事にも復帰して健康ってありがたいです。
でも、面倒見がよく明るく超元気だった M島さんが今年 7 月亡くなったことを聞かされショックを受けました。入院中も「痛い痛い」とは言ってましたが、病室を明るくしてくれた方です。「少しうるさすぎ!!」 とも言われてましたが、それでもあの明るさが病室のみんなの励みでもありました。 生と死が隣り合わせな人たちがこんなに元気なんだ。とつくづく感じた時期でした。
今日再会した人もそーですけど、元気になったとは言え日常生活に困難なこともあるそうです。私も退院後そうでしたが足腰が弱くなる。鍛えてどーこー言うものでもない。薬の影響なんです。
みんなが共通していたことは「今まで病気らしい病気はしたことがない。風邪をひくくらいで薬飲んで仕事をしていた」 「病院なんて定年するまでお世話になったことがなく、健康保険がもったいなかった」 という人たちがみんな大きな病気をしていたのです。人間生物(なまもの)なんです。いつかは傷ついたり痛んだりするんですよね。